あの感動が再び…「幻想水滸伝I・II」

「幻想水滸伝I・II」は過去にPSで発売された2本のRPGが1本になったものです。幻想水滸伝は個人的にこの2本が最高だと思っているので、それが1本のゲームとしてPSPで発売されると聞いたとき、小躍りしました。

個人的に、過去、これほど人間ドラマに主軸を置いたゲームは知らなかったからです。

ゲームの特徴は108人の仲間を集めるというもの。そのボリュームだけですごいなと思ったものです。それぞれの宿命を背負った仲間たちとの冒険をしているうちに、きっと何かが心に残ることでしょう。

特に「幻想水滸伝2」はストーリー性がより強化され、幼馴染との別れや姉との物語がマルチシナリオで描かれ、展開が変わることすらあります。このゲームはある仲間を連れている時とそうでない時で展開が変わったり、台詞回しが変わるので、何度でも楽しめる要素があります。自軍本拠地では仲間の特技を活かしたミニゲームが行えたり、料理大会もできるため、飽きることがありません。ぜひ、多くの仲間に囲まれ、冒険をしていってください。

RPGの最高傑作である「幻想水滸伝」が携帯機でプレイできる時代になったというのは、昔なら考えられないことであり、非常にありがたいことでもあるのです。