イースVIIでイースに帰って来た

しばらくゲームと言う物に触れていない期間があったんですが、少し時間を持てるようになったので久しぶりにゲームに戻ってきました。

選んだタイトルはSteam版のイースVIIです。

子供の頃はよくイースシリーズを遊んでいたと言う事で、やはりイースのところに戻ってきたいと言う思いがありました。

イースVIIはもともと携帯機のPSP用ソフトだったので、その移植版である以上どうしてもグラフィックなどは現在のゲームに比べて見劣りがあります。

ですがこの、もっさりとは無縁な爽快なアクションは一度触れておきたいものです。

最新作の8に繋がる戦闘システムなんかはここから始まったものですしね。

またシリーズを通して主人公アドルの相棒とされるドギがパーティーに入ると言う、今のところ唯一の作品である点も見所と言えば見所です。

戦闘用データ自体ない場合もあるキャラなんですが。

また好みが分かれる点としては、作業ゲーと言う側面があります。

技の熟練度を鍛えたり武器素材を集めたりと言った事が、極めようと思ったら相当な時間がかかるんです。

最近のネトゲほどではないですが。

またストーリーがほんの少しアッサリ気味なのも気になるかも知れません。

まあこのタイトルの場合、文句が出るのも基本的に面白いからなんですけどね。